戦争はなぜ起きるか

当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

 

こんばんは!

 

木曜日に恒例街中歩きへ行って来ました。

図書室で先週借りた本を返してきました。

松本・江の島殺人事件 梓林太郎さん著です。

 

主人公伝さんの娘さんのひろ子さんなんですが…永遠の高校3年生なんです…
サザエさんと一緒ですネ。

でも…元部下の伏見さんは今回は山岳遭難救助隊の副隊長になって、成長頑張ってます。
昔ひろ子さんの初恋の相手だったような…今は年齢差がありますねぇ⁉多分?

要らぬお世話でした…無事事件は解決され、返却しました。

 

 

今回借りた本はこちらです。

聖刻 堂場瞬一

引火点 笹本稜平著

笹本稜平さん去年亡くなられました 合掌

大変ショックでした…好きな小説家さんだったから😢もっともっと読みたかったna~~!!

今回借りた本は2冊とも読んだことがあると思います(多分)が、読みなおしです。

 

大変遅くなりました…本題です。

文化会館で開催されていたので覗いて来ました。

戦争はなぜ起きるか…と云うより「起きたか」と、過去形にして欲しいです…

日本の終戦前後の貼り紙ばかりでしたし…二度と起きて欲しく無いですからです。

世界で紛争・戦争が起きているからメッセージ的な開催かな??と思いましたが…

違いました!!

 

 

 

日本では戦争体験を語れる人も少なくなってきましたね。

 

戦争なんて無い方が良いけど…無くなりません!!

確かに戦争ビジネスにお金掛けてるように思います…

勿論、参戦してほしくはありません…戦争反対です!!

 

 

 

読んで下さってありがとうございます。